シミ隠しに悩んでいるなら原因を知ろう|蘇る美しさ

乾燥から肌を守る

スキンケア

スキンケアが要因

乾燥肌を招く要因は複数あります。まずは皮脂による要因です。皮脂量の低下は保湿を妨げる要因となります。角質を保護したり肌の水分を閉じ込める役目をもっていますが、皮脂がなくなることによって肌の滑らかさも失うことになります。次に天然保湿因子です。これは角質層の下にある成分となります。役割としては角質層に水分を吸着して保持し、肌の柔軟性と弾力性を持つ役目を持っています。最後に細胞間脂質です。これは角質層同士の隙間を埋めている成分で、外部からの刺激の侵入の防止や体内の水分の過剰な蒸発を防止しています。これらの成分は年齢とともに失われていきます。一番の質成分として割合が多い細胞間脂質を失うことで乾燥肌になりやすくなるのです。

正しいスキンケア

肌の保湿を行う事で乾燥肌を防止することができますが間違ったスキンケアを行う事で保湿を維持できないほか、逆効果になることもあるのです。ほとんどの乾燥肌の要因は肌のスキンケアを誤っていることが原因になっているのです。保湿成分のたくさん配合された化粧品を使用することは間違ってはいません。しかし角質層や細胞間脂質を落とすようなスキンケアを行っていればいくら保湿成分を与えても意味がありません。保湿成分を保持する角質層が少なくなっているためです。一番の理由は入浴や洗顔時のクレンジングです。汚れを落とすことに長けていますが、同時に角質層まで傷つけているのです。そのため正しいスキンケアで肌を傷つけない洗顔方法が大事なのです。