シミ隠しに悩んでいるなら原因を知ろう|蘇る美しさ

昔ながらの洗顔料

顔を洗うウーマン

効果をアップするために

洗顔料と呼ばれるものは多数の種類があり、それぞれに特徴と効果があります。その中でも、固形石鹸は「にきび対策に効く」ことで知られています。ついついオシャレな洗顔料に手を伸ばしがちな青春時代にこそ、昔ながらの石鹸を使うべきなのです。またにきび対策として効果的に石鹸を使うには、いくつかのテクニックが必要となります。まず第一には、殺菌成分の入った石鹸を使うことです。ニキビは雑菌の繁殖によって起こるものですから、これを排除するのが肝要となります。第二には、多めのお湯でしっかりと泡立ててから顔を洗うことが挙げられます。にきびを守っている皮脂を突破するには、強い浸透力が必要です。横着をせず、泡立てネットなどを使ってきちんと泡立てましょう。水分が少ないと泡立ちが悪くなるので、たっぷりのお湯を使うことも重要です。

力みすぎると逆効果

もちろん、石鹸を闇雲に使えばいいというものではありません。にきびができている肌というのはとてもデリケートなので、注意すべき点もあります。まずやってしまいがちなのが「泡でゴシゴシこすってしまう」ことですが、これはいうまでもなく厳禁です。泡を塗りつけたら、あとは石鹸がにきびの奥に到達するまでじっくりと待ちましょう。また、洗顔後に強く洗い流しすぎるのもにきび対策にはよくありません。石鹸などの残留油が多すぎると、にきびを誘発する可能性があるのは確かです。しかし、保湿のためにある程度は必要なのです。従って完全に流してしまうと乾燥肌の原因となり、傷んだ肌からまたにきびができてしまいます。顔というデリケートな部位を扱う際には何事も「ほどほどに、かつやさしく」が鉄則といえるでしょう。